引越し業者への心付けは、いくら位をいつ渡せば良いの? | 引越し見積もり一括比較サイト 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

引越し業者への心付けは、いくら位をいつ渡せば良いの?

引越しの作業員には必ずしも心付けを渡す必要はありません。
現在のホテルや旅館の従業員もそうですが、基本的に心付けはもらえないものとして働いているので、彼らはもし渡されなかったとしても、特に何も思わないからです。
たとえば、お金をくれなかったので作業を手抜きするといったことはまずあり得ません。
ただ、引越し作業員に心付けを渡す余裕があるのであれば、勿論、渡しても問題ありません。では、だいたいいくらぐらいの金額をいつ渡せばいいのでしょうか。

チップの金額とタイミング

まず、引越し作業に入る前に渡してしまうという方法があります。渡し方ですが、現場の責任者に対してまとまったお金を渡して、後で作業員で分配してもらうように言えばいいでしょう。
金額は一人あたり1000円で充分ですが、これは最低ラインと言えます。
というのは、500円などの小銭を渡すということになると、駄賃のように感じて失礼だと捉える作業員も出てくるからです。勿論、お金をもらえるのであればいくらであっても嬉しいという作業員もたくさんいますが、渡すのであれば千円札以上、それ以下なら渡さない方がいいと考えるようにしましょう。

配るのは引越し作業の後でも問題ありませんし、むしろその方がいいケースがあります。
というのはなぜかというと、午後に行われる引越しの場合、同じ引越会社の従業員が助っ人という形で作業の途中に来ることがあるからです。
途中で来る従業員たちは、自分たちが担当した作業を終えてから来るという形になります。
こういうケースだと、最初にお金を渡してしまうと、後から来て作業をしてくれた人にはお金を渡せなくなってしまうことがあるので、作業がすべて終わった後に渡す方がいいというわけです。

この場合も、金額はやはり1000円以上にしておくのが無難でしょう。ただ、助っ人があまりにもたくさん来ると一人1000円でもトータルで数万円の出費になってしまうことがあるので、その場合はお金ではなく、一人一本ずつペットボトルのジュースを渡すのもいい方法です。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!