転勤・単身赴任 | 引越し見積もり一括比較サイト 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

転勤・単身赴任

転勤や単身赴任を行う際には、通勤のため、自宅とは異なる簡易的な住まいが必要となります。そこでこだわるべきなのが、引越す方法です。家族での引越しとは異なり、小規模な転居となるため、比較的費用を抑えることも可能であるため、工夫を凝らして効率的に進めると良いでしょう。そのポイントやコツをまとめたので、参考にしてみて下さい。

転勤や単身赴任時の引越し

基本的には、個人における小規模な引越しと変わらないため、行う作業として目立った特徴はありません。しかし、転勤や単身赴任を目的とした引越しニーズの高さから、各業者において専用パックが展開されているケースも少なくありません。効果的に役立てることで、よりお得な引越しへと繋げることができます。

場合にもよりますが、基本的に転勤や単身赴任は短期間であるケースも少なくありません。それに伴い、輸送する荷物も比較的少なめに抑えることができます。そうした理由から、通常の小規模プランよりさらにコンパクトな引越しが可能となる、ミニタイプのパックが実現可能となっているのです。内容はもちろんのこと、料金面もさらに抑えられています。出費を控えたい際にも、重宝できます。

また、万が一パックに荷物が収まらなかったとしても、余った荷物を別途宅急便で送ると言った方法を併用することによるカバーもできます。どのような規模における転勤・単身赴任であっても、ほとんどの場合、専用パックが役立つ形となるのです。

転勤・単身赴任向けパックの料金相場

季節や距離によって大きく変わるため、一概に相場を表すことは難しいですが、基本的には2万円台から4万円程度で実現可能となっています。また近距離移動である場合は、さらに安く、1万円台と言ったプランになることもあります。

より安く実現する場合には、距離に関しては工夫が難しいため、荷物の方を極力減らして費用の削減を目指す形がおすすめです。例えば荷造り時には、余分なものを極力省くことを意識しましょう。転勤・単身赴任向け物件では、家電や家具が備え付けてあるケースも少なくありません。そうした特長を活かして、最低限の荷物のみを運んでもらうようにしましょう。

引越し業者を利用しない方法

上述の通り、安い場合では1万円程度でも依頼できる、転勤・単身赴任時の引越し。しかし、1万円とは言え何かと出費がかさむ引越しのタイミングであるだけに、やはり高く感じられてしまいがちです。どうしても厳しい場合には、引越し業者を利用しない方法も一つの手となります。

例えば、宅急便輸送のみで完結する形です。ある程度荷物が多くても、3,000円前後で全国へ届けてもらうことが可能です。必要最低限に量を減らし、また布団などのかさばるものは、圧縮袋などでコンパクトな状態にして、最安輸送を目指しましょう。

また近場であれば、レンタカーで小型トラックなどを借りて、自分で運んでも良いでしょう。レンタカー代が加算されますが、引越し代金と比較して安くなるようであれば、効率的な方法となります。この際の注意点としては、荷物の破損に気をつけることです。業者であればプロならではの道具や仕組み、技術などにて安全性の高い輸送に努めてもらえますが、素人が個人で行うともなると、何かと不備も生じてしまいがちです。梱包における耐衝撃や、積載時の安定性における工夫、また住居に運び入れるときの注意など、あらゆる面に丁寧さを意識しましょう。

まとめ

工夫次第では、かなり荷物量を減らすことも可能となる、転勤・単身赴任時の引越し。それだけに、かなり割安で見積もれるケースも少なくありません。とは言え、引越し先でスムーズにスタートを切るためには、必要となるものをしっかり安全に届けることも重要です。費用削減へのこだわりと同様に、注意点に関してもそれぞれ押さえておきましょう。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!