海外への引越しについて | 引越し見積もり一括比較サイト 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

海外への引越しについて

近年、引越しはより身近で手軽なものとなりつつあります。インターネットの普及に伴い、電話をすることなく簡単に依頼ができる他、各種サービスも充実を見せており、あらゆる状況にも対応してくれる業者が増えています。しかし、海外への引越しともなると、また事情が変わってきます。海外だからこその注意点や特徴、ポイントをまとめたので、参考にしてみて下さい。

海外引越しを任せることができる業者

海外への引越しを経験したことがない人にとっては、いざ検討する際にはどう言った業者に任せれば良いのか、見当もつかないかもしれません。しかし基本的には、国内で展開している多くの引越し業者が、通常メニューと並行して提供しています。そのため海外へ移住する場合でも、馴染みの業者や知名度のある会社に任せる形で問題ありません。

また一部には、海外引越しのみを専門的に取り扱う業者も存在しています。知名度の高い大手企業には、信頼感が持てます。しかし特化してサービスを提供する業者であれば、またさらに充実性へ期待を持つことも可能です。注力性の他、経験豊富なスタッフに任せることができる点も、魅力と言えるでしょう。

業者を選ぶ際には、海外引越しを取り扱っているかだけでなく、サービス内容の比較も行いましょう。各業者競合との差別化を図るべく、それぞれ特長的なプランを展開しています。

家探しのポイント

日本国内で引越しの経験があったとしても、海外へ移住するともなると、また状況が異なります。例えば物価の点です。日本と同規模の間取りであっても、国によっては割高となるケースも考えられます。またその逆に、金銭価値の手頃さから、割安で大規模の物件を手にできるケースもあります。

次に文化の問題です。中でも代表的なのが、照明に関する特徴です。日本では明るい蛍光灯を用いた家庭が少なくありません。しかし海外の場合、多くが薄暗い落ち着きの感じられる照明を好みます。そのため、インターネット等で安易に契約を完了できたとしても、いざ入居した後に雰囲気が予想と異なり、後悔させられると言ったケースも少なくありません。

その他、生活環境や水、人付き合いなども気にしておくべきポイントとなります。家探しは、あらかじめその国の文化や不動産事情を下調べした上で行うようにするべきです。

海外引越しの方法

主には、航空便と船便の二通りが代表的となっています。前者はスピーディかつ手軽ですが、飛行機による輸送であるため、荷物のサイズに限度があります。また気圧や揺れの関係もあり、破損の危険性も伴います。後者船便であれば、一定サイズ以上の大物であっても輸送が可能です。しかし現地に到着するまでの日数がかかったり、また料金が割高になると言ったデメリットも伴います。

このように、両者にはそれぞれの特長やデメリットが存在します。より効率的でスムーズな移住が実現できるよう、それぞれをうまく活用することが理想的です。

引越し前の準備

上述のような手段で輸送するため、日本国内で引越しする場合以上に、梱包へは気を遣いましょう。丈夫なダンボールを用い、クッションシートを入念に敷き詰め、揺れや振動から守ることが大切です。

また、アンパックこと開封する際のことも念頭に置いておきましょう。ただただ頑丈に梱包するだけでは、いざ現地で生活空間を整えるときにスムーズな開封ができにくくなります。

まとめ

このように、海外引越しだからこそ押さえておくべきポイントが数多く存在します。準備から業者選び、家探しまで、いざ住み始めてから後悔しないよう、徹底して行うことが大切です。

海外の賃貸事情

国が変わると賃貸契約の方法や暮らし方などが異なります。
ここでは人気の国をご紹介いたします。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!