廃車費用の料金相場 | 引越し見積もり一括比較サイト 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

廃車費用の料金相場

引越しの際、多くの荷物は業者に任せることができます。ダンボールに収めることができる小さなものから、横開き可能な専用トラックの特性を活かした、規模の大きい荷物まで、さまざまに運んでもらうことが可能です。しかし車に関しては、通常の荷物と同様に依頼することができません。ときには廃車の形で処理した方が、予算的に効率が良いケースもあるほどです。以下、そうした廃車時の情報について特集しました。

引越し時に廃車を利用するケース

まず一つに車を新居に移動させる方法としては、自分で乗って行く形が挙げられます。しかし遠方ともなると、運転が大変であったり、燃料や通行に関する費用がかさんでしまうため、結果的に大きな出費ともなりかねません。専門業者に任せることもできますが、この際もやはり費用を伴います。そこで役立つのが、出費を抑えることに繋がる廃車処理です。

とは言え、大事な車を引越しだけのために廃車処理する訳にもいきません。状況に合わせて、利用するようにしましょう。例えば、故障していて保管しているだけの状態や、ほとんど乗らない状況にある場合、また近々買い替えを検討しているケースなどです。すぐに乗らなくなるにもかかわらず、わざわざ高い費用を費やして輸送するのは、効率的ではありません。

車の廃車にかかる費用相場

まず、陸運局へ廃車手続きを行う際に専門業者、行政書士に依頼する費用として、2,000円から1万円、次に解体業者に引き取ってもらうための金額として1万円などがかかるため、結果的に2万円前後が平均相場と言えるでしょう。

その他、解体業者へ搬入する際、引取を依頼するか自分で持ち込むかや、車のサイズによっても変動が見られる形となります。

廃車手続きに関してポイントとなる書類

廃車手続きを申し出る際には、車検証に記載された住所に伴い、必要となる書類が違ってきます。書類が揃っていなければ、スムーズに手続きを済ませることができない場合も考えられるので、気を付けましょう。

主には、車検証の住所と現住所が違う場合にこうした必要性が生まれます。まず、車検証を取得してから1回住所変更を行っている際には「住民票」を、そして2回以上行っているときには「戸籍の付票」が必要となります。さらに戸籍の付票に直前住所の記載がない場合であれば、2回以上であっても住民票が合わせて必要になります。

費用を抑える方法とは

上記において廃車費用の相場をご紹介しましたが、実はほとんどの人が、廃車時に費用を伴っていません。それどころか、廃車することによりお金を手にしているケースも少なくない程です。そのため引越し時に廃車を検討するのであれば、引越し資金の足しにできるとさえ考えても良いのです。

理由としては、多くの場合中古業者に買取を行ってもらえるためです。また万が一中古販売できない程に破損が激しかったり、機能が整っていない場合であっても、スクラップ処理することで金属としての価値が生まれるため、この場合でも無料、もしくは買取の形で約1〜3万円ほどの代金を受け取ることにも繋げられます。

これらの理由から、廃車の形で処理して引越しに関する費用や手間を軽減する場合であっても、極力中古買取や買取代金の発生するスクラップ処理業者に任せることをおすすめします。

まとめ

車と言う大きな資産を廃棄するともなると、多額の費用を要する形も考えられることでしょう。しかし実際には、中古買取やスクラップ業者を活用することで、代金を受け取ることにも繋げられます。引越し費用における総額を浮かせることにも役立つため、この特長をうまく活用してみてはいかがでしょうか。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!