バイクの廃車費用の料金相場 | 引越し見積もり一括比較サイト 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

バイクの廃車費用の料金相場

引越し業者に依頼する際、料金を決めるポイントとなるのが荷物の量です。多ければ多い程、作業人員やトラック、また作業時間を要するため、その分割高となってしまいます。また荷物の大きさ、専門性に関しても、ポイントとなる部分です。バイクは、車よりも小規模であるものの、配送を依頼した場合、高額ともなり得る存在です。廃車の方がより効率的なケースも少なくないため、相場を押さえてうまく活用してみて下さい。

バイクの引越し輸送について

大きさ的には、多くの引越しトラックにすっぽり入るサイズと言えるでしょう。しかし、一般の荷物として受けることができない存在であるため、別途有料オプションを依頼しなくてはなりません。そうなると、通常の引越し費用に加え、高額の出費にも繋がりかねません。

引越し先までの距離にもよりますが、高額になるケースであれば5万円から10万円を要するケースも存在します。一人暮らしを目的としたコンパクトなプランであれば、メインとなる引越し依頼料の倍額以上となることも考えられます。そのため、依頼時にはじっくり検討することが大切です。

例えば、ほとんど乗っていないにもかかわらず、引越し先への輸送を考えているケースです。その場合、5万〜10万円の費用を支払ってまで運んだとしても、あまり効率的とは言えません。いっそ廃車処理して手放す方が、理想的に感じられるかもしれません。

バイクを廃車する際の費用相場

廃車は、公的に定められた手続きを経て行う形となります。管轄の市町村役場に出向き、所定の流れに従い申し込みます。しかしこの市町村役場に出向いて行う手続きそのものに関しては、実は費用がかかりません。廃車業者に依頼する場合のみ、一定額を支払う形となります。

相場としては、2,000円から5,000円が一般的です。さらに解体引き取りも希望する際には、価格帯はより上がり、3,000円から7,000円ほどの額が必要となります。

しかし、完全に無料で廃車を行うことも、実は可能です。バイクは、乗らなくなった古い型、もしくは故障している車体であっても、リサイクルできる部品を擁しているケースが少なくありません。そのため中古引き取りを行ってもらえることができれば、廃車費用がかからないどころか、いくらか手元にお金が戻ってくる可能性も生じてきます。そのためよほど急いでいる場合や、リサイクルしてほしくない、思い入れの詰まったバイク以外においては、中古引き取りの流れがより効率的であると言えます。

廃車手続きの流れ

ここでは、比較的多く見られる125cc以下の原付・バイクにおける廃車の流れを、ご紹介したいと思います。まず最初に、自分でナンバープレートを取り外します。次にそのプレートと標識交付証明書、印鑑、そして役所にも備えられている廃車申告書を、管轄の市町村役場に提出します。そして解体業者を探し、解体処理してもらいます。これで基本的な手続きは完了となります。

しかし上記の流れにおいては、解体依頼の際に費用が生じてしまいます。よりお得に廃車処置を完了させるのであれば、やはり前述にも挙げた中古リサイクルの流れが望ましいと言えるでしょう。

まとめ

バイクの廃車は、無料となるケースや、リサイクルを利用することで返金が生じる場合があったり、また費用が発生したとしても比較的少額であるなど、手軽に感じられる特徴を多数備えています。その反面、引越しに合わせ輸送を依頼してしまうと、多額の出費に繋がってしまいます。そのため利用状況や状態に合わせて、廃車処理を検討することで引越しに関する費用を大きく抑えることに繋げられます。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!