ご近所挨拶の粗品の料金相場 | 引越し見積もり一括比較サイト 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

ご近所挨拶の粗品の料金相場

引越しを行った際、変わるのは住環境や生活環境だけではありません。同時に、周囲に住むご近所さんとの人付き合いも、がらりと変わります。そんな新しい環境にいち早く溶け込むことにも役立つのが、挨拶時の粗品です。以下は、特に用いられることの多い人気の粗品商品やその相場についてまとめた記事となります。ぜひ役立ててみて下さい。

粗品を配る意味とは

そもそも、粗品を一切配らなくても引越しを完了し、新たな生活を送ることは可能です。にもかかわらず、わざわざ出費を行い、いくつもの粗品を用意することにはどう言った意味合いがあるのでしょうか。
慣例になっているとは言え、意味を把握した上で配るのとそうでないのとでは、気持ちのこもり方が変わってくることでしょう。

主には、隣近所における関係性を円滑にすることが挙げられます。
日々のコミュニケーションが豊かになったり、子供を見守る役割を果たしてもらえたり、また災害時の助け合いを図る上でも、重要な意味を持ちます。粗品を持って事前に挨拶しておけば、印象が良くなり、こう言ったケースにも安心感が持てます。

粗品がなくても挨拶すること自体は可能ですが、やはり何か手渡す物を用意しておく方が、より気持ちが伝わりやすいものです。喜んでもらいたい、自身の転居を気持ちよく感じてもらいたい、そうした心持ちのもと、品物を選んだり、配ったりすると良いでしょう。

ちょうど良い粗品相場

喜ばれるために用意する粗品ですが、何でも良いと言う訳でもありません。価値が高過ぎるものであれば、逆に気を遣わせてしまう可能性も考えられます。
安っぽ過ぎず、かつお返しを考えなくても良いような価格帯の品を選ぶ形が理想的です。

主には、500円〜1,000円が相場となっています。
少し安く感じられるかもしれませんが、後の付き合いを考えると、あまり目立ち過ぎないことも重要となるのです。渡す相手にとって、若干物足りないと感じる程度の方が、接しやすく感じてもらえると言った利点も伴います。
この範囲を基準に、粗品を選ぶようにしましょう。

人気の粗品商品について

粗品と言っても、その種類はさまざまです。特に法律で定められている訳でも無いので、基本的には何を選んでも配る側の自由です。しかし、より喜んでもらうにはやはり人気の物であったり、実用性ある品の方が理想的と言えます。
以下は、昨今特に用いられることの多い人気の粗品となります。

手渡すオタクがファミリーの場合であれば、ラップ・ジップロック・指定ゴミ袋と言った実用雑貨や、日持ちする乾麺・お茶などの食品などがおすすめです。
とにかく、必要ないものをもらっても困るだけなので、いかに実用的な物を選べるか、そして気を遣わせないレベルのものであるかがポイントとなります。

次に一人暮らしのお宅であるケースです。こちらはQUOカードや商品券・図書券と言った、金券関連が喜ばれます。
ファミリーとは異なり、何か目標や夢を持って生活を送る人が少なくないので、自由に品物を選びやすいこう言ったジャンルが重宝するのです。その他、個包装のお菓子などもおすすめです。

まとめ

粗品は、簡単な品物が理想的となるからこそ、難しい存在でもあります。安過ぎず、かつお返しの気を遣わせないちょうど良い価格帯を意識し、さらには実用的な品を選ぶことが望ましいと言えます。また集合住宅の場合は、余裕があれば大家さんへの粗品も用意しておきましょう。この際は地元や前住所における名産品などが喜ばれる品とされています。もちろんこのケースに関しても、あまり高過ぎないものを選ぶことがポイントとなります。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!