引越しの転居の挨拶はがきの差出日はいつにすれば良い? | 引越し見積もり一括比較サイト 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

引越しの転居の挨拶はがきの差出日はいつにすれば良い?

サラリーマンであると転勤などの辞令が出て、単身赴任や家族で引越しをするということも珍しくありません。
引越しと一言で言っても、それには様々な段取りや手配が必要になります。

引越しに必要な手続き

引越しには新たな住まいを不動産屋さんで見つけ出し、賃貸や購入の段取りを行う必要があります。それと同時に今まで住んでいた住まいを売却に出したり、賃貸契約を解消したり様々な手続きが必要になります。
また引越し業者の選定や見積り依頼なども行う必要があります。引越し日を決定し、それに向けて荷物の梱包作業に取り掛からなければいけません。ガスや、電気、水道などのライフラインの段取りもしなければいけません。
引っ越しには様々な決断や手続きが押し寄せてきて、奔走しなければいけません。そこでどうしても引っ越し挨拶はがきなどの手配が後手後手になったり、忘れてしまう人も少なくありません。

転居知らせの重要性

転居して住所や電話番号が変ったことを挨拶はがきを用いて、親戚や友人、同僚などに知らせることは非常に重要な段取りだと言えます。
これを怠ってしまうと、中元やお歳暮の品が誤送されたり、年賀状や暑中見舞いの葉書が届かないといった迷惑を皆にかけてしまうことになります。こうした連絡を怠ると、人間関係にも歪が入りかねないと言えます。
そのため引っ越しの挨拶はがきは、転居前の二週間以内には用意し、あて先をきちんと記入しておくように段取りしておかなければいけません。

差出日について

差出日は、引っ越した当日にする必要はありません。
引っ越した月の吉日といった表示で構いません。またはがきを出すタイミングは、転居後の一週間後が良いと言えるでしょう。引っ越し日と同じ日に投函すると、引っ越し作業を様々行っている最中に友人や知人から電話が入り、引っ越し作業が中断されかねません。
引っ越して一週間が経ち、少し落ち着いた段階で投函し、差し出すのが最もベストなタイミングと言えます。

しかし親友や非常に親しい親戚には、いきなり引っ越しをはがきで伝えるのではなく、引っ越す前にメールや電話で引っ越すことを伝えておくのが常識です。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!