防犯の心得と便利グッズ | 引越し見積もり一括比較サイト 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

防犯の心得と便利グッズ

せっかく好条件の物件に引越すことができても、空き巣、盗難などの犯罪被害に遭ってしまえば、満足度は半減してしまいます。資産が失われる他、毎夜恐ろしさが頭の中でイメージされてしまい、不快な生活を送らざる得なくなるかもしれません。以下は、そうした状況を防ぐことに繋がる防犯の心得や便利グッズの紹介になります。女性の一人暮らしでも安心できるよう、こだわってみて下さい。

防犯に関する心得

近年、防犯を意識した物件は数多く登場しています。オートロックやセキュリティシステム、センサー照明などが導入されており、特に意識することなく安心感を持って生活しやすい箇所も少なくありません。しかし、だからと言って油断してしまうのは危険です。

なぜなら、防犯に長けた物件の居住者であるからこそ、盗み甲斐のある、価値ある資産を保有しているとも思われてしまうからです。また、たとえセンサーが感知して防犯業者が来てくれるとしても、犯行から数十分はかかります。そうした面を悪用して、現代的な安全性にこだわった家をあえて狙う犯罪者も、少なくないのです。

どのような住居に住まう場合でも、かならず防犯への危機意識は持つようにしましょう。以下のグッズなどを役立てて、さらなる安心感に繋げると良いでしょう。

おすすめ防犯グッズ

まず一つに、ダミーカメラです。その名のとおり、偽物の防犯カメラとなっており、外見的には本物と見分けがつかない程のリアルさです。いくら資産に魅力を感じても、カメラの前を堂々と通って犯行に及ぶ犯人はそういません。玄関や窓などに仕掛けておくと良いでしょう。

次に、住居犯罪の中でも、特に多いピッキングを防ぐグッズです。シリンダー錠に用いられる手口であるため、その他のタイプに変えると良いでしょう。また既存のシリンダー錠に取り付けるタイプの、ピッキング防止グッズもあります。賃貸物件では自由に設備を変更することが難しい場合も少なくないので、重宝します。

また、侵入経路として窓を利用されるケースが少なくありません。破壊防止のシートを貼ったり、破壊時に大きな音の鳴る専用のセンサーなどを取り付けておくと安心感が持てます。

まとめ

一人暮らし向けのマンション・アパートの場合、個人で設備を変更したり跡の残るグッズを利用することは、難しいケースが少なくありません。しかし、何もしないままでいると、予想だにしない被害へも繋がってしまいかねません。契約内容を確認して、できる範囲内でしっかり対策しておくようにしましょう。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!