一人暮らしの引越しについて | 引越し見積もり一括比較サイト 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

一人暮らしの引越しについて

のびのびと快適に暮らすことへ繋がる、一人暮らしへ向けた引越し。大学や専門学校などへの通学、職場への通勤などがしやすくなるため、さらなる生活の充実に繋げられます。とは言え、当日になって慌ててしまわないよう、事前に知識を蓄えておきましょう。以下、一人暮らしの引越しにおけるポイントや注意点などをまとめたものです。

一人暮らし引越しの特徴

基本は一人暮らし向けの部屋を借りる形となるので、まずポイントとなるのが規模の小ささです。荷物の準備や作業に要する時間、また引越し業者へ依頼するパック形態も、比較的コンパクトなものとなります。

とは言え、何も考えずに進めてしまうと、余計なものまで詰め込み過ぎてしまい、結果的に費用がかさむケースも考えられます。少しでも出費を抑えたい若い世代が臨むケースも少なくないだけに、極力安く済ませることができるよう工夫するべきです。

一人暮らしの引越しを安く実現するためのポイント

まず一つに、引越し業者におけるもっとも安いパックに規模を収めることです。引越し料金は、新居までの距離の他、輸送する荷物の量でも決まります。例えば、ダンボール何個分、規定のコンテナに収まる分量であれば、最安プランを検討できると言った具合です。そのため、運ぶ荷物を必要最低限に抑えて、また荷造り時も極力隙間をなくし、効率的にダンボール等へ詰め込む工夫を行うことが大切です。

次に、学生の場合だからこそ利用できる専用プランを選ぶと言う点です。引越し会社各社では、多くの場合学割パック・プランと言ったサービスを展開しています。春先などの新生活シーズンにもなると、学生引越しは多くの需要を誇る形となるため、それに合わせて利用しやすい内容を提供しているのです。

またビジネスマンに嬉しい、転勤・単身赴任専用パックなども多く展開されています。ビジネス街から比較的近い場所であったり、短期の居住となりやすいことから、家具家電が用意されているケースなど、嬉しいサービスが盛り込まれています。こちらも通常プラン以上に安い価格となっているケースが少なくないので、効率的な引越しに役立てることができます。

一人暮らしの引越しだからこその注意点

ビジネスを目的とした社会経験豊富な一人暮らし希望者はともかく、若い世代の場合、やはり一人暮らしと言うものは、プライベート面の自由度に何かと心浮かれるものです。自分でしなければならないことが多数発生する反面、そうした期待の方をより大きく感じる若者も多いことでしょう。しかし、一人で生活を送ると言うことは、それだけ責任も伴います。社会人として恥ずかしい暮らし方とならないよう、注意点は抑えて家選びや引越し、新生活へ臨むべきです。

まず、引越し時における建物への気遣いです。多くの場合、一人暮らしはマンション、アパート等の集合住宅が一般的です。そんなとき、業者に任せる場合は基本的に問題ありませんが、個人や友達などの手を借りて転居する際には、壁や階段、エレベーター、共有空間などに荷物をぶつけてしまいがちです。注意する人が同行していなくても、あくまで共同で住む空間と言うことを忘れず、責任感を持って慎重に荷物を運び入れましょう。

次に、自身が周囲の家へ迷惑をかけないための注意です。初めての一人暮らしであるため、やはり友達や恋人を招くなどして、騒いでしまいがちかと思われます。しかし建物に住んでいるのはあなただけではありません。自分がされたらどのような気分になるのかなども考えながら、話し声や歩くときの音・振動、テレビや音楽再生時の音量などへは、気を遣うようにして下さい。

まとめ

一人暮らしと一口に言っても、ケースはさまざまです。しかし多くの場合、運び入れる荷物が少なくなりやすいため、安く見積もることが可能です。専用パック等を活かして、効率的に引っ越しましょう。また多くの場合、若いうちに経験する暮らし方となることでしょう。自分の名義をもって生活する以上、責任はあなた自身にのしかかるので、近隣や建物に迷惑をかけないよう心掛けましょう。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!