学生の引越しについて | 引越し見積もり一括比較サイト 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

学生の引越しについて

大学への入学に伴い、通学や学業への専念がしやすくなる、一人暮らしを行う学生も少なくありません。しかし学生の引越しともなると、分からないことが多く、また予算が少ないことから、家選び、引越し業者選びなどにも何かと苦労させられるものです。そこで今回は、一人暮らしを初めて行う学生へ向けた引越し時のコツをピックアップしました。

初めての引越しで料金を抑えるには

まず一つに、タイミングへのこだわりがポイントとなります。同じ新生活シーズンであっても、作業を依頼する日によって料金が異なるケースも少なくないためです。基本的には、やはりスケジュールに余裕を持ちやすい週末、休日が人気となるため、料金も割高となりやすいです。そのため安く見積もりたい場合には、平日を選ぶようにしましょう。

次に、家財に関するポイントです。初めての一人暮らしともなると、新しく揃えるべきものも少なくないことでしょう。家具や家電、インテリア、生活雑貨など、数え出すときりがない程です。しかし、だからと言ってあらかじめ揃えておくことはあまりおすすめできません。その分運ぶ荷物が増えて、引越し費用がかさんでしまうことにも繋がるためです。そこでおすすめとなるのが、引越し先に着いてから家財を揃える方法です。大きな節約にも繋がるので、ぜひ実践してみて下さい。

また、専用の引越しパックの利用も費用を抑えるポイントとなります。学生・学割パック、単身パックなどは、輸送可能となる荷物量が少ない分、手頃に依頼することが可能となります。多くの業者で取り入れられているプランなので、うまく活用してみて下さい。

必要となる手続きについて

初めての一人暮らしともなると、それまで家族が当然のように行ってくれていた家の手続きも、自分でしなくてはならなくなります。若い人には難しく感じられるポイントかもしれませんが、正しく完了できなければ生活が困難となることにも繋がるため、内容を把握しておきましょう。

例えば、各自治体へ届け出る、転出・転入の手続きです。これにより住民として認められる形となるので、速やかに完了させましょう。またその他、電気・ガス・水道と言った生活に欠かせない公共の手続きも重要です。場合によっては、家賃に含まれているケースもありますが、事前の確認は必須です。

一人暮らし学生におすすめの物件タイプ

独りで住むだけに、やはり気になるのがセキュリティーの面です。特に女性学生は犯罪被害の危険性なども考慮するべきなので、こだわりましょう。

おすすめは、オートロックのタイプで、2階以上の部屋に住む形です。これにより、住人以外の不審者に入って来られることを防止できます。またその他、夜でも安心感が持てる、街燈の明るさが充分であるかどうかや、人通りが多く見られることなどもポイントとなります。

新生活における注意点

学業を目的とした引越し、一人暮らしとは言え、やはり若い年代にとっては、何かと楽しみに感じる人も少なくないことでしょう。しかし、集合住宅に住んでいるのはあなただけではありません。一人で生活を送ることには、同時に責任感も伴います。騒音によって迷惑をかけないよう、騒ぎ過ぎや生活音への配慮も念頭に置いておきましょう。

また、あくまで学業のための一人暮らしと言うことも忘れてはなりません。浮かれ過ぎてその面を疎かにしてしまうと、本末転倒の結果にも繋がりかねません。

初めての一人暮らしに、きっと心浮かれてならない学生も少なくないことでしょう。しかし、あくまで学業に専念するための引越しです。費用を抑えること、生活を楽しむ環境としての面だけに重きを置くのではなく、いかに勉強に励めるかどうか、日々の通学をスムーズに行えるかなどの部分に、こだわるべきです。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!