引っ越し見積もりを安くするポイント | 引越し見積もり一括比較サイト 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

引っ越し見積もりを安くするポイント

引越しの日程を自由に決められる方

繁忙期を避けると料金が安くなる♪

新年度や新学期などを迎える2月〜3月は、年間を通して1番引越しが集中する時期です。この引越しシーズンはどこの業者でも、引越し料金を高く設定しています。またそれ以外にも「大安」などの良い日取りも、希望される方が多いので価格が高く設定されています。引越し業者によって日取りによる料金設定が異なりますので、事前に確認しましょう。また引越しシーズンでは、価格が高いからサービスが良くなるといった事はなく、引越し業者の人員不足により引越し作業に慣れていないアルバイトの雇用が増えますので、出来るならば引越しシーズンは避ける事をオススメします。

平日引越しで料金が安くなる♪

引越し料金は曜日によっても大きく変動します。平日より土日祝のほうが高く設定されている引越し業者がほとんどですので、引越し料金を安く済ませたいのでしたら、平日に引越ししたほうが良いでしょう。

荷物が少ない単身引越しの方

荷物が少ない方におススメの「チャーター便」

引越し業者がトラックとドライバーさんのみ用意してくれ引越しの「輸送」の部分だけを業者さんにやってもらうサービスのことです。友達が何人か手伝ってくれるので搬出入はこちらでできる!荷物が少ないという場合にオススメです。繁忙期はトラックが押さえられなくなる可能性もありますので、早めの手配が必要です。

近距離引越しの方

荷物が少ない方や近距離引越しの方におススメの「フリー便」

引越す時間でも料金設定は異なってきます。引越し業者では1日を大きく3つの時間帯で分けています。一般的には、「午前便」、「午後便」、「フリー便」と分かれていて、遅い時間帯になるほど料金は安くなるようです。コストにこだわるなら、最も格安な「フリー便」がオススメです。事前に日程だけ決め、引越当日に業者の都合の良い時間に来てもらう便です。予定が立てにくいですが、荷物が少ない単身者や、近距離での転居の際におすすめです。夕方から開始する際は、新居での後片付けも遅くなるということを踏まえて決定しましょう。

長距離引越しの方

長距離引越しの方におススメの「混載便」

同じ地域・方面人へ引越しされる他の方のお荷物と一緒に輸送する方法です。一緒に運ばれることで人件費・燃料費・高速代が割り勘になり金額が平均的に1/2〜1/4安くなると言われています。デメリットとしては同一方向への荷物がある程度集まらないと、運行する事が出来ないので、荷物の届く日を指定できない事です。

長距離引越しの方におススメの「帰り便」

通常引越し業者のトラックは帰りの荷がありませんがその空いたトラックに現地で荷を積込んで帰る便の事を「帰り便」といいます。帰りに荷を積んで帰ることで人件費・燃料費の無駄を防ぐことができるので引越し料金を抑えることができます。デメリットとしては、不定期スケジュールとなるため、お引越の日程・時間は引越し業者へお任せになってしまうところです。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!