不要品・粗大ごみの処分方法 | 引越し見積もり一括比較サイト 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130件突破! 2016年5月現在

不用品・粗大ごみの処分方法

引越しで荷作りをはじめると、粗大ゴミや不用品がどうしても出てきてしまいます。
処分方法がわからないからそのまま新居に運ぶという方もいますが、これでは新居に物があふれかえってしまいます。引越しは、要らなくなったものを一気に処分できるチャンスです。

今まで使われずに放置していたものや、家電や家具など買い替えを考えているなら、その場で処分して新居での生活をすっきりとした空間でスタートさせるのがおすすめです。

見積もりスタート

廃品回収で処分する方法

廃品回収は再生可能な資源をリサイクル目的で回収することをいいます。多くは自治体で回収している事が多く、ご家庭で出た最大の辺または径が30cmを超えるもの、あるいは棒状で1mを超えるゴミがあった場合、粗大ごみ受付センターに申し込みをおこない、ゴミ処理券(ゴミ処理手数料券)を購入します。費用は種類別で決められており、各市区町村の粗大ゴミ処理手数料一覧で確認することが可能です。

粗大ごみ受付センターでは、申し込みができないものもあります。処分対象品が決められており、たとえば有害な薬品やガスボンベ、消化器など危険で処分が困難なものは収集することが出来ません。

また、特別管理一般廃棄物など毒性や感染症、または人体の健康を脅かすもの、爆発性のあるものは必ず特別管理産業廃棄物処理業者へ依頼しなければなりません。あくまでも一般家庭の中で出た粗大ゴミが対象となっておりますので、必ず処分対象品目を確認してから申し込みをしましょう。

通常のゴミの場合は、プラスチックやビンなど決められた曜日に廃棄するだけです。費用は通常のゴミ処理と変わらないので、ゴミの種類を確認してから収集スケジュールに合わせて廃棄します。家電製品や精密機器など家電リサイクル法で対象となっているものを除く大型のゴミは、自治体によって回収方法や費用が異なります。種類別で金額が決められている場合もあれば、重さで金額が決まっている地域もあります。

そして、エアコンや冷蔵庫などの家電リサイクル法で回収してもらえないゴミはどうすればいいのでしょうか。家電リサイクル法により、今まで家庭で出されてきた一般廃棄物などの粗大ゴミが各市町村で収集することが出来なくなりました。

中でも家電製品は、ガラスや金属なと有用な資源でありながら、固く重たいため処分に手間がかかり市町村で対応することが難しいのが現状です。そのため埋め立てをして処分されていました。

ここで、有用な資源を廃棄しない目的で作られたのが、家電リサイクル法です。冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、エアコン、テレビ、衣類乾燥機は対象項目となり、一般廃棄物として埋め立てが出来ないため、指定取引所に持ち込む必要があります。

自治体に持ち込む場合は、行政サービスということもあり誰でも安心して利用することができます。上手にゴミを処分することで、新居に要らないものを運ぶ必要がなくなるため、引越し費用が安くなるメリットもあります。

不用品回収業者に依頼して処分する方法

新しい商品がどんどん販売されている中で、新製品に押し出される形で要らなくなったアイテムもたくさん出てしまいます。要らないものが沢山でてしまった時におすすめなのが、不用品回収業者の利用です。不用品回収業者では、大量に出てしまったゴミでも処分や回収をおこなってくれます。

また、家電リサイクル法やPCリサイクル法で処分する際、自治体でおこなうと費用がかかってしまいますが、不用品回収業者では無料引取サービスもおこなわれているため、費用がかからない場合があります。

それだけではなく、不用品の中には買取ってもらえるものもあり、高価買取の期待もできます。まだまだ使えるものだったり、人気の商品は処分するのはもったいないですよね。回収業者ではリサイクルを目的として買取を行い、転売するという方法をとっているため、ただ処分をするという事ではありません。ゴミを出さずに環境に優しくリサイクルができ、臨時収入を得ることができるのですから、まさに一石二鳥です。また、回収品目が多いのもメリットです。

自治体で不用品の処分をおこな雨場合、どうしても処分対象品が設けられているなど厳密なルールがあります。ですが、不用品回収業者では回収品目が幅広く、自治体で受付てくれなかったものでも対応してくれます。

メリットが一杯ある回収業者ですが、もちろん廃棄物処理法を無視した不法投棄や無許可営業など悪質な業者がいないとは言い切れません。悪質な業者に依頼をしないためにも、まずは口コミの検索や見積もりを出して比べて見ることが大切です。

サービス内容が充実していることや、費用が抑えられていること、また不用品が多くなるとトラックで出張にきてもらうため出張料金が発生するのか、トラックの使用料がかかるのかも確かめておきましょう。

多くの業者では無料出張サービスやトラックの費用を負担してくれるところが多いです。依頼方法も簡単で、処分したい品目や数、訪問日を伝えれば当日に業者が来てくれます。これらはすべてネットを使えば簡単におこなえます。 場所や時間を選ばないため、じっくりと検討することが可能です。

要らなくなったものをすべて処分し、またお金に変えるチャンスなので、不用品があまりにも多くでてしまった方や費用を出来るだけ安く抑えたい方におすすめです。

不用品回収の業者一覧

引越し業者に依頼して処分する方法

長期出張や急な転勤などで引越しを慌てておこなわなければならない場合、不用品を回収する業者探しや、指定引取場所まで粗大ゴミの処分をする時間がないなどの理由で不用品が処分できないケースがあります。こんな時は、引越し業者がおこなっているサービスを利用するのも手です。

無料で引取ってくれるものもあれば、有料となる場合もありますので確認が必要です。
また、どの引越し業者でも行っているわけではありません。 見積もりの際に確認をすることが大切です。生ゴミや仏壇、危険物など引越し業者では処分ができないものもありますので注意が必要です。

シミュレーション電卓のイメージ見積もり料金相場シミュレーション

1 引越し日
 
2 引越し元
次は引越し先の住所を選択 引越し先
3 間取り
33,000
18,400
67,500

※表示される金額は概算見積もり料金となり実際の費用とは異なります。

見積もりスタート
新着ページ2015.06.24更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!